株式会社 梶商店麦茶・日本茶・玄米茶、各種お茶製造なら梶商店

3,240円(税込)以上お買い上げで送料無料

MENU

  1.   >  お茶辞典 詳細

お茶辞典

私たちが普段飲んでいるお茶(麦茶・日本茶・その他)について楽しく学びましょう。
お茶の知識が増えるといつも飲んでいるお茶の味がひと味かわるかもしれません!

烏龍茶

龍茶にはウーロン茶ポリフェノールという成分が含まれいると言われています。このポリフェノール成分は食事として摂取した脂肪の吸収を阻害するという働きを持っており、通常、食べ物は体の中で分解されてより小さくなり、腸などの消化器官で体の中に吸収されていく仕組になっているのですが、この烏龍茶ポリフェノールが脂肪を分解する酵素の働きを邪魔するので脂肪を分解できず、そのまま吸収されずに体外に排出されると言われています。

黒烏龍茶

黒烏龍茶もウーロン茶も、脂肪の吸収を阻害する効果があると言われる理由は同じです。
ウーロン茶の中でも、特に脂肪抑制効果の高いものを集めたのが黒烏龍茶という訳です。ウーロン茶重合ポリフェノールはウーロン茶ポリフェノールの中でも、特に脂肪抑制効果の高いもののようです。このポリフェノールが脂肪の吸収を抑えると言われています。ポリフェノールの効果は様々有りますが、そのなかでも注目すべきは抗酸化作用です。簡単に言うと、体がサビ付くのを防いでくれる効果です。

緑茶
(焙じ茶・番茶)

緑茶は、ウーロン茶や紅茶と違って、お茶の葉を醗酵させずに作られるため、生葉の成分をそのまま残す事ができます。
このところ、ガンの抑制に緑茶が一番有効であるといった研究発表が、立て続けに出されています。緑茶に含まれているポリフェノールとカテキンが細胞のガン化を予防し、あるいは緑茶に多く含まれるビタミン類が発ガン物質の作用を抑制すると言われています。

そば

そば茶には抗酸化物質であるルチン(ポリフェノールの一種)が含まれます。
ルチンは、高血圧・心臓病・動脈硬化・糖尿病・肝疾患などの生活習慣病を予防する効果があると言われ、また、毛細血管を強化し血行を促進する作用があるため、冷え性の改善にも効果があると言われています。
※アレルギー体質の方は、飲用をお控え下さい。

韃靼そば

そば茶は「甘そば」と言われますが韃靼そば茶は「苦そば」と言います。
チベットや中国の雲南省などの山岳地帯で栽培されています。韃靼そば茶は、通常のそば茶より天然のルチンを多く含みます。ルチンは、高血圧・心臓病・動脈硬化・糖尿病・肝疾患などの生活習慣病を予防する効果があると言われまた、毛細血管を強化し血行を促進する作用があるため、冷え性の改善にも効果があると言われています。
※アレルギー体質の方は、飲用をお控え下さい。

コーン

コーン茶とは炒ったトウモロコシの実をお茶にしたものです。
健康茶の中では鉄分・食物繊維を抜群に多く含み、とても飲みやすい味ですので、女性はもちろんのことお子様にも安心してお飲みいただけます。トウモロコシは穀物の中で鉄分をもっとも多く含みます。他にも、リン、ビタミンB1、ナイアシンといった栄養素も多く含みます。コーン茶は水に溶けやすい食物繊維を豊富に含むため便秘の解消にも良いと言われます。また、コーン茶に含まれるカリウムには利尿作用を高める働きがあるため、コーン茶の持つ体を温める効果と一緒に冷え症の改善むくみ改善に作用すると言われます。

ジャスミン

ジャスミン茶は、釜炒りした緑茶にジャスミンの新鮮な花の香りをつけたお茶のことを言います。
日本では、ジャスミン茶は消化促進やにおい消しのイメージで受け取られています。しかし、ジャスミン茶の効能はそれだけではありません。ジャスミン茶には気分転換・不安や悩みの軽減・リラックス効果・美容などの効能があると言われています。

なた豆

なた豆茶に大量に含まれるコンカナバリンA・カナバリンには免疫を正常化する作用があると言われています。そのため免疫異常による、アトピー性皮膚炎・アレルギー性鼻炎・ぜん息・食物アレルギーなどに有効だと言われています。
また、なた豆茶に豊富に含まれるカナバニン(血行促進作用)、コンカナバリンA(腫瘍改善作用)が有効に働き、昔より膿を出す妙薬として、痔・蓄膿症・歯槽膿漏などの改善にも効果があると言われています。

プーアル

プーアル茶には、食事に含まれる脂肪分をそのまま体外に排出する作用があると言われています。また、この脂肪の吸収を抑制することで、高血圧、心臓疾患、脳卒中などの生活習慣病の予防にも良いと言われています。
プーアル茶に含まれるポリフェノールには、胃腸の働きを活発にする作用がると言われ、これにより、腸内環境の改善や便秘解消効果も期待できます。また、抗酸化作用を持つポリフェノールが含まれているため、アンチエイジングや免疫力アップ効果もあると言われています。

ルイボス

ルイボス茶の効能として、アトピー性皮膚炎・花粉症・鼻炎などといったアレルギー性疾患の緩和や改善に有効な作用をもたらすと言われています。
ルイボス茶に含まれる成分にはタンパク質の他、SOD様物質であるフラボノイド類、カルシウム、マンガン、鉄、亜鉛、セレン、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、銅などのミネラル成分が豊富に含まれています。注目すべき特長としては、ミネラル類がひじょうにバランスの良い状態で含まれているということで、特に主要なミネラル群に関しては人の体液の構成比と非常に近い比率で含まれており、細胞を活性化する作用を持ち合せていると言われています。ルイボス茶にはカフェインが含まれていませんので、カフェインの摂取を気にされる妊娠中の女性の方でも安心して飲むことができますし、また、ルイボス茶は豊富な栄養素を含んでいる一方でノンカロリーということもあり、カロリーオーバーを心配せず効率良くミネラルなどを摂取できます。

とうもろこしのひげ

とうもろこしのひげにはカリウム、鉄、食物繊維、ビタミンKといった栄養素が含まれています。
とうもろこしのひげは「南蛮毛」の名で中国でも漢方として使用されており、真っ先に上がる効能が利尿作用と言われています。利尿作用があるので、むくみを解消し、膀胱炎などの泌尿器系の病気にも効果があると言われます。また、食物繊維が含まれており、整腸作用もあると言われています。

たんぽぽ根

たんぽぽは、世界中にあるキク科の植物で、食べることもできます。
ヨーロッパでは、古くからその薬効が知られており、中国でも漢方として利用されています。たんぽぽの根は薬草としての効果が高く、昔から母乳の出をよくする薬と言われており、漢方でも蒲公英根(たんぽぽの根を乾燥させたもの)を催乳目的に用いているほどです。またノンカフェインなので、妊娠中でカフェインの摂取を控えた方が良いとされている妊婦さんの場合でも安心して飲むことができますし、寝る前に飲んでも睡眠の妨げになることもありません。

ごぼう

ごぼうには便通を良くする食物繊維が含まれています。
ごぼう茶を定期的に摂取することで慢性的な便秘の解消にお役にたちます。また、ごぼうにはポリフェノールの一種であるサポニンが豊富に含まれており、このサポニンの抗酸化作用が肌や体内の細胞の老化を防ぐと言われています。

大豆

大豆たんぱく質の半分近くを占めるのがグリシニンです。
低カロリー、低コレステロールの質の良いタンパク質源として注目されており、グリシニンは血中のコレステロールや中性脂肪の濃度を低下させると言われています。またビタミンでは、B1、B2、E、などが豊富で、カルシウム、カリウム、鉄も有しています。
※アレルギー体質の方は、飲用をお控え下さい。

ゴーヤ

ゴーヤとは沖縄の定番食材であるニガウリ(苦瓜)のことです。
ゴーヤには脂肪を燃焼しやすくする作用を持つと言われるリノレン酸が含まれており、インシュリンに似た働きを持つ成分が血糖値を下げ、脂肪の吸収を抑えると言われています。
また、ゴーヤに含まれるカリウムにはナトリウム(塩分)を排出し血圧を下げる作用があると言われています。

たまねぎ
(たまねぎ外皮)

たまねぎは血液をサラサラにする野菜と言われており、その外皮には強い抗酸化作用を持つケルセチンを含んでいます。
ケルセチンの抗酸化作用には老化防止、がん予防、アレルギー改善に効果があると言われており、カフェインを含まないのでお子様や妊娠中の方にも安心してお飲みいただけます。

大麦

麦茶の抽出物をテストしたところ、胃の粘膜を保護する作用や糖尿病の合併症を防ぐ効果、炎症を抑える作用など優れた機能性のあることがわかりました。
抗酸化作用を持つアルキルピラジンを含むため、ガン、脳卒中、心筋梗塞、糖尿病などの予防効果が期待されています。
また、麦茶の原料である大麦は、食物繊維が豊富で鉄分に富み、カフェインやタンニンを含まないので睡眠の妨げになることもありません

はと麦

はと麦茶(ヨクイニン)はアミノ酸で形成されているタンパク質、カルシウム、カリウム、鉄、ビタミンB群、脂質、糖質などがバランスよく含まれており、身体の新陳代謝を活発にすると言われています。
昔からはと麦は肌をなめらかにすると言われており、シミ、ソバカス、肌荒れ、アトピーの改善に効果があると言われます。
特にイボ取り効果は有名で、水いぼの改善などにも利用されています。

黒大豆

黒大豆は黒豆茶にした場合でもアントシアニンやイソフラボンを含むため、アンチエイジング・更年期障害の緩和など、様々な健康上のメリットがあると言われています。
黒豆茶に多く含まれるポリフェノールアントシアニンは高い抗酸化力を持ち、イソフラボンは更年期症状の緩和・生理不順の改善・乳がんの予防といった病気予防に加え、美肌・美白にも効果があると言われています。また、黒豆茶に含まれるシアニジンには脂肪の吸収を抑える効果もあると言われています。
※アレルギー体質の方は、飲用をお控え下さい。

あずき

あずきは良質なタンパク質、ポリフェノール、アントシアニン、ミネラル類などを含み、昔から健康食として薬膳にも欠かせない素材の1つとなっています。
ポリフェノールと言えば赤ワインが有名ですが、あずきは赤ワインよりもはるかに多いポリフェノールを含み、ポリフェノールには血液をサラサラにしたり、血行を促進する作用があると言われています。
また、免疫力の向上や動脈硬化などの生活習慣病の改善にも効果があると言われています。

熊笹

熊笹は古くから民間薬として、切り傷や皮膚病に使われてきた歴史があります。
熊笹にはミネラル分の鉄やカルシウム、ビタミンC、K、B1、B2などが含まれており、その他にも食物繊維やクロロフィル、バンフォリンなどが豊富に含まれています。熊笹に含まれるアラビノキシラン免疫調整作用があることで有名です。免疫力をアップすることで、がん予防、老化防止、自律神経系の病気改善などの効果があると言われています。

どくだみ

どくだみはドクダミ科ドクダミ属に属し、生薬名は十薬(ジュウヤク)と言われます。
どくだみの効能は解毒作用が優れており、外部から入ってきた毒はもちろん、体内で生じた毒、細菌毒までなくし、重金属を排出してくれるデトックス効果があると言われています。どくだみの中のイソクエチートランとクエチートランが毛細血管中の血液の運搬作用を助け、また促進させる効能に血液の新陳代謝が活発になり、血が綺麗になると言われています。

桑の葉

桑の葉は養蚕地を中心にお茶として飲む習慣があり、桑の枝や根の皮、桑の実なども漢方薬として古くから使われてきました。
桑の葉に含まれるビタミン、カリウム、マグネシウム、鉄、ミネラル、食物繊維、フラボノイドが整腸作用をうながし、有用成分のひとつである1-デオキシノジリマイシンは脂肪の蓄積を防ぐ効果があると言われています。

杜仲葉

杜仲葉には鉄分・亜鉛・カリウム・カルシウム・マグネシウム・ビタミン類など、人間の健康維持のために欠かせないものがバランスよく含まれています。
また、抗酸化成分としてピノジェノール・ダイグルコサイド、肝臓に作用する成分としてゲニポシド酸など、健康に良いといわれる貴重な成分が含まれています。そして体内の内臓脂肪を分解して燃焼させ、血液をさらさらにしてくれるという効能を持っていると言われています。

枇杷葉

びわの葉にはアミグダリンという物質が含まれており、このアミグダリンがビタミンB17になると言われています。
このビタミンB17は体温と共に暖められると細胞の中にまで浸透し、炎症やガン細胞も治してしまうほどの力を発揮すると期待されています。また、ビタミンB17は酸性血液を健康な体の持つ弱アルカリ性の血液に浄化する働きがあるとも言われています。

目薬の木

目薬の木は江戸時代から点眼薬や洗眼薬など、現代の目薬の代わりに樹皮を煎じて飲むことで利用されてきました。
煎じ液には結膜炎をはじめとして、かすみ目や老眼、近視など、目の健康に効果があると言われています。また、葉や樹皮に含まれるロドデンドロールの働きで肝機能が高まり、解毒作用が活発になり肝機能が回復するとも言われています。

秋ウコン

秋ウコンは正式名称を鬱金(ウコン)といい、肝臓に良いとされる有効成分クルクミンを春ウコンに比べて約10倍以上も含有していると言われています。クルクミンには肝臓を強化する働きがあり、アルコールを摂取する約1時間くらい前に服用すればその効能を得る事ができると言われています。また、肝疾患、心筋梗塞、腎疾患、糖尿病、動脈硬化、メタボリックシンドロームなどにも効果が期待されています。

黒ゴマ

ごまに含まれるゴマリグナンには肝臓で脂肪の分解を促進し、脂肪を燃焼しやすくする働きがあると言われています。
また、体の細胞にはペルオキシソームという脂肪を分解する働きをする物質があり、ゴマに含まれるセサミンがペルオキシソームを活性化し、脂質の代謝を高めるとも言われています。またゴマにはビタミンB1の吸収を高めるミネラルも含まれています。
※アレルギー体質の方は、飲用をお控え下さい。

もちきび

もちきびは昔話の桃太郎にも登場するきびだんごでもおなじみの、古来から親しまれている雑穀です。
もちきびに含まれるタンパク質には動脈硬化を防ぐ善玉コレステロールを増やす働きがあるといわれ、血中の高密度リポタンパク質(HDL-コレステロール)値を上げると言われています。また体内では生成されない必須アミノ酸であるメチオニンが含まれており、肝臓内の毒素や老廃物を排除し代謝を促してくれるという働きがあると言われています。

もちあわ

あわは雑穀のエコノグザを先祖とするイネ科の食物で、もちあわとうるちあわの2種類があります。もちあわは白米と比較して食物繊維約7倍、カルシウム約3倍、マグネシウム約5倍、鉄分約6倍、カリウム約3倍も含んでいると言われています。また、あわたんぱく質にももちきびと同様に善玉コレステロールである血中の高密度リポタンパク質(HDL-コレステロール)の値を高める効果があると言われており、さらに脂質代謝改善機能もあると言われています。

梅の栄養面で特徴的なのは有機酸の多いことです。
疲労回復などに有効なクエン酸・リンゴ酸・コハク酸・酒石酸、その他各種有機酸が豊富に含まれています。
梅のクエン酸は、新陳代謝を促し体内の老廃物の排出を促進し、むくみの解消、美肌や老化防止などに効果があるといわれています。

生姜

中国では紀元前500年頃には薬用に利用されていました。
また、現代においても医療用の漢方薬や健康食品に広く使われています。
生姜に含まれるショウガオールは血行を良くして体温を高め、脂肪や糖の代謝を促進するといわれています。

ブラックシード

ブラックシードの歴史は約3300年前の古代エジプトまで遡り、アラビア圏では祝福の種と呼ばれ珍重されています。
n-3系脂肪酸(ω-3)などを含み世界的にも研究が行われている注目のスーパーフードです。
ブラックシードにはアミノ酸15種、必須不飽和脂肪酸(リノレン酸など)、ミネラル(カルシウムや鉄・セレニウムなど)、ビタミンA・B・B2・C・ナイアシン・ニゲロン・チモキノンなど約100種類の栄養素が含まれ、わかっている効果効能で22種類あるとも言われています。

チアシード

原産はメキシコ中西部からグアテマラ北部で、アメリカ先住民によって紀元前3500年頃から食べられてきました。
アメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局)においても栄養補助食品として認定されています。
オメガ3系脂肪酸の一つであるα―リノレン酸が多く含まれているチアシードは、生活習慣病やアンチエイジングにも効果があるといわれています。
α―リノレン酸は体内に吸収されるとEPA やDHAに変換されコレステロールや中性脂肪を低下させ、血管も柔軟にしてくれますので動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病の予防にも良いといわれています。

小松菜

同じ葉物野菜であるほうれん草に比べ栄養面で落ちるかのように思われがちな小松菜ですが、これは大きな誤解でビタミンAひとつをとっても小松菜のほうが多く含んでいるうえ、カルシウムでは約4倍と大きく上回っています。
粘膜や皮膚を強化するA、発がん物質の作用を弱めるC、細胞の老化を促す過酸化脂質を抑えるEと老化を防ぐといわれている3大ビタミンをとりわけ多く含むのが小松菜の特長です。

ほうれん草

ホウレン草にはベータカロチンやビタミンC・B1・B2が多く含まれ、鉄・銅などのミネラル分も豊富に含んでいます。鉄分が多いだけではなく貧血防止に役立つ葉酸があり、鉄分の吸収をよくするビタミンCも豊富に含まれているので貧血ぎみの方、虚弱体質の方、体力がなく疲れやすい方などの症状改善に効果があるといわれています。

紫いも

紫いもは青紫色のアントシアニンを豊富に含んでいるさつまいもの一種です。アントシアニンに加え、さつまいも本来の成分であるビタミンCやビタミンE・β-カロテン・食物繊維などの成分が豊富に含まれており、目の健康を守る効果や強い抗酸化作用、免疫力向上などの効果があるといわれています。

にんじん

にんじんにはたくさんのカロテンが含まれています。
β-カロテンには抗発ガン作用や免疫賦活作用で知られていますが、その他にも体内でビタミンAに変換され、髪の健康維持や視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、そして喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあるといわれています。

かぼちゃ

かぼちゃはウリ科カボチャ属の蔓性植物になる果菜の総称です。
カロテンやビタミンB群を多く含んでいます。特に西洋カボチャにはビタミンCも豊富な上、カロテンはホウレン草に匹敵するほど含まれています。β-カロテンには抗発ガン作用や免疫賦活作用で知られていますが、その他にも体内でビタミンAに変換され、髪の健康維持や視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、そして喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあるといわれています。

さつまいも

さつまいもはヒルガオ科の植物の肥大した根の部分で甘藷(かんしょ)とも呼ばれ、原産地は中米ですが今では世界中の生産の約9割がアジアで作られています。
豊富に含まれるカリウムにはナトリウム(塩分)を排泄する役割があり、高血圧に効果があるといわれています。また、長時間の運動による筋肉の痙攣などを防ぐ働きもあるといわれます。

マンゴー

マンゴーはウルシ科マンゴー属の果樹、またその果実をいいます。
マンゴーの栽培は古く紀元前のインドで始まっており、仏教では聖なる樹とされ、ヒンドゥー教では万物を支配する神「プラジャーパティ」の化身とされています。リン・カリウムなどのミネラル分が豊富で、ビタミンA・ビタミンC・ビタミンE・β-カロテン・葉酸といった美肌に必要といわれる栄養素を同時に摂取することができます。その他に食物繊維・ビタミンB1・ビタミンB6も含んでいます。
活性酸素を取り除く抗酸化作用もあり、紫外線ダメージ肌を美肌へ導く美容効果もあるといわれています。

グリーンレーズン

レーズンはぶどうを自然乾燥または人工的に乾燥させたもので、古代から中近東などで作られ、土地を移動する人々にとっては便利な栄養食品であり保存食でした。
青レーズンともいわれる淡緑色系のレーズンで、やや酸味がありさっぱりしているのが特徴です。レーズンに含まれている栄養と効果ですが、鉄分は貧血予防、カリウムはむくみ防止カルシウムやマグネシウムは歯や骨の形成を促進する働きがあり、骨粗しょう症の予防に効果的といわれています。他に銅・亜鉛・マンガンなどのミネラルをバランスよく含んでおり、レーズンはミネラルの宝庫といわれています。

白いちじく

古代ローマでは「不老不死の果物」と呼ばれていて、トルコでは「聖なる果実」として重宝されています。
いちじくには水溶性の食物繊維であるペクチンが豊富に含まれており腸の動きを活性化させるため、熟した実を一日に2つから3つ食べれば便秘予防に効果があるといわれています。又、メラニン色素を抑えることができると期待されているザクロエラグ酸やアントシアニン、ポリフェノール類を多く含むため、身体の中の活性酸素を消去し美肌や老化防止につながるアンチエイジング効果が期待されています。

デーツ

デーツはイスラム教の聖典コーランに「神の与えた食物」、旧約聖書には「エデンの園の果実」と記載されていて、中東諸国でラマダン(断食)の時に良くたべられている果実です。
機能性のある栄養としてカロテノイドの一種のβ-カロテンを多く含みますので強力な抗酸化作用が期待されています。さらに下痢や便秘を予防するといわれる食物繊維のペクチンを多く含みます。又、ビタミンB2は細胞の新陳代謝を促進し、皮ふや粘膜の機能維持や成長にも関わりますので、美容や子供の成長には欠かせない食物といわれています。


みんなにも紹介

商品カテゴリー

健茶館®

健茶館は梶商店が長年の経験をもとに厳選した新しいスタイルのお茶ブランドです。 日本・世界から美味しいお茶や多彩に「選ぶ楽しさ」「飲む楽しさ」をお届けします。いつも飲むお茶とは一味違った雰囲気を是非お楽しみ下さい。

natural stock®

厳選素材をまるごと使用し素材本来の旨みをいかした贅沢な味わいがあります。もちろん 保存料・着色料・香料無添加で、からだにやさしい商品です。

お茶を楽しく学ぶ お茶辞典

梶商店のFacebookはじめました

OEM・製造案内 工場案内

お取り寄せ手帖WEBで紹介されました。

株式会社 梶商店

〒578-0905
大阪府東大阪市川田2-23-18

会社情報

google map

お電話でのお問い合わせ

0120-410-303

受付9:00〜16:00

PAGE TOPへ1